家庭の財政学

死亡と相続

 

死亡から相続税申告までの流れ

相続とは?

相続税について

贈与税について

こんなときはどうしたらいい?

中村健二 先生

執筆:中村健二(税理士、ファイナンシャルプランナー)

昭和44年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科修了(法学修士)。
都内2カ所の税理士事務所に勤務した後、平成18年7月に江東区亀戸にて独立開業。
その後、税理士として会社を支えるためには、会社に関わる個人一人ひとりの幸せが必要であると感じたことからファイナンシャルプランナー資格を取得した。
現在、法人・個人について税務会計を含む総合的なサポートを行うほか、セミナー講師・執筆活動などを行っている。また日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞などの取材にも数多く応じている。税理士会による社会貢献活動の一環として、小中学校における租税教育講師に加えて、東京税理士会業務対策部委員など公職も多く務める。
著書:「子ども手当」(税金監修) 2010年 主婦の友社

筆者からのコメント

ご家族が亡くなるのは悲しいことです。特に亡くなった直後のご家族は、取り乱してしまうことも多いでしょう。しかし、悲しんでいる間もなく、親族や親しい友人への連絡、通夜および告別式の手配、お悔やみにこられた方たちへの応対……と、しなければならないことがたくさんあります。

その中には、死亡届の提出や相続税の申告など、期限が定められた手続きもあります。家族として自らにもいつかは必ずやってくる事態にどう対処すればよいのか、また、親戚としてさまざまな手続きなど故人の家族をどうサポートすればよいのか、ここで予備知識を持っておきましょう。ある日突然、実際の場面が起こるかも知れません。その時どう対処できるか、予備知識があるのとないのとでは大きく違います。いざというとき慌てないために、このレクチャーをお役立てください。

 

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.