家庭の財政学

手始めに外貨定期預金

外貨建てで有利に運用するには

多くの銀行などで取り扱っている外貨預金は、数ある外貨建て金融商品のなかでも最もポピュラーでわかりやすいので、投資経験のない人が外貨での運用を始めるのに適しています。取扱い通貨は、米ドル、ユーロ、オーストラリア・ドルなどがありますが、各金融機関によって異なります。預金の種類は、普通預金・定期預金などがあり、基本的な仕組みは円預金と同じです。

外貨定期預金の金利は、預入時の利率が満期まで適用される固定金利です。ただし、表示されている金利は外貨ベースなので、通貨によっても金融機関によっても異なる為替手数料(円と外貨の交換コスト)を考慮した実質金利で判断する必要があります。

また、外貨定期預金は原則として中途換金ができません。「どうしても現金が必要」などの理由で中途換金に応じる銀行などもありますが、この場合、当初の約束された利率は保障されません。

また、外貨定期預金のキャンペーン金利をよく見かけますが、預入期間は3カ月でも年利で表示されるので、惑わされないように注意が必要です。預入時には満期時の為替動向によって円ベースでの手取り金額がどうなるのかを金融機関に計算してもらいましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.