家庭の財政学

金利で比べれば、断然有利

外貨建てで有利に運用するには

昨今、国内金利も上昇してきたとはいえ、海外に目を向ければ国内より高金利を生む通貨もあり、金利面では有利といえます。

たとえば、外貨定期預金の税引き後の利率が3%とします。すると、外貨ベースでは利息の再投資分を除いても3年で9%、5年で15%増えることになるので、少々円高になっても長期になればなるほど金利でカバーできるようになります。もちろん、円安になれば高金利と為替差益の両方を得ることができます。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.