家庭の財政学

運用報告書のポイント

星の数ほどある投資信託の選び方

運用報告書は、ファンドの決算ごとに、どのように運用されてその結果どういう状況になっているのか、投資家に情報開示するための資料として作成され、ファンドの保有者に送付することが義務付けられています。取扱金融機関に備え付けられていますので、そのファンドを購入する場合の参考になります。運用会社(投資信託委託会社)や投資信託協会のホームページなどでも見ることができます。

運用報告書の内容は、運用実績、分配金、投資環境、運用経過と基準価額の推移、今後の運用方針などの説明です。それから、費用の明細、組入銘柄、主な売買銘柄、損益状況などについても図表が載っています。

運用報告書には、これ以外に運用経過として、実際の運用成績はどうであったか、ということとその理由について説明されています。ここでパフォーマンスが良いに越したことはありませんが、偶然の成績である可能性もあります。逆に、現在の成績がさほどよくなくても、長期的に好パフォーマンスの可能性を秘めているものもあります。

これまでの運用方針と実際の運用内容、さらに、今後の運用方針を読むことで将来の方向性がつかめます。運用方針に一貫性のあるファンドを、納得して購入するのがいちばんです。

意外に見落とされがちですが、純資産残高の推移も重要です。長い間人気ファンドといわれているものは、そのファンドにほれ込んで長期で保有している人もいますが、新規で買う人も多いので、残高が徐々に増えていて、安定感があります。

逆に急激な増加や減少は運用に大きな影響を与えます。また、一定の残高を下回った場合、繰り上げ償還の可能性もあるので、注意が必要です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.