家庭の財政学

ファンドにかかるコスト

星の数ほどある投資信託の選び方

ファンドにかかるコストとして、直接負担するコストと間接的に負担するコストがあります。

直接負担するコストの主なものとして、購入時にかかる募集・販売手数料(購入時手数料)、解約時に徴収される信託財産留保額があります。間接的に負担するコストの主なものとして、運用管理費用(信託報酬)、監査費用、有価証券等の売買・保管にかかる費用があります。

1. 募集・販売手数料

お客さまが投資信託を購入する際に支払う費用で、基準価額に一定率をかけて算出されます。購入金額に含まれる内枠制の場合と別途支払う外枠制の場合があります。同じファンドであっても、販売会社や販売手法によって異なることがあり、無手数料のものもあります。

2. 信託財産留保額

ファンドの運用の安定性を高める、継続保有者との公平性を確保するなどの理由から、途中換金される場合に差し引かれるものがあります。一部、買付時に徴収されるファンドもあります。この留保額は信託財産中に繰り入れられ、基準価額や分配金に反映されます。

3. 運用管理費用(信託報酬)

投資信託の運用・管理にかかる費用です。信託財産の中から投資信託委託会社(ファンドを運用する会社)、信託銀行(ファンドの信託財産を管理する会社)、販売会社(証券会社、銀行など)に支払われます。

4. 監査費用

ファンドの管理が適切に行われているかなどについて、公認会計士等の有資格者による監査が行われます。その監査に必要な費用が信託財産の中から支払われます。

5. 有価証券等の売買・保管にかかる費用

ファンドは株や債券などを組み入れますが、それを売買する際に支払う手数料や保管費用などを信託財産の中から負担しています。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.