家庭の財政学

「るいとう」でじっくりと資産形成

株を始めるには

証券取引所では、単元株制度により、あらかじめ株の売買単位(1単元の株数)を100株、1,000株などと定めています。このため、株を買うにはある程度まとまった資金が必要です。たとえば、株価が3,000円で売買単位が100株の銘柄の場合、手数料等を除いても30万円の資金を必要とします。ですから、せっかく研究して買ったばかりの株が下がってしまうと痛いですね。

そこで、毎月の少額の資金で積立て方式により株を購入する方法があります。一般に行われているのが「るいとう」と呼ばれる株式累積投資制度で、1銘柄につき月々1万円から株式投資ができます。

購入の仕方は、MRF・MMF・中期国債ファンド等からの定期引き出しのほか、預貯金口座からの自動引落しなどがあります。そして、毎月一定の日に一定の金額で、ドルコスト平均法(★1参照)により株式を購入し、単元株に達すると諸手続きにより通常の株主としての権利が得られます。単元株に達していなくても株式分割や配当金などは各人の持分に応じて配分され、売却は原則としていつでもできます。

デメリットとしては、手数料などのコストが割高な点があげられます。このため、短期間で利益を得たい人には向いていません。取扱い証券会社が限られ、購入できる銘柄も証券会社ごとに決められているなど、単元未満株取引特有の制約もあります。

単元未満の上場株を購入する方法として、「るいとう」のほかにも、単元株の10分の1単位で購入できる株式ミニ投資(ミニ株)や、単元未満の1株単位および月々500円からの積立で購入できるプチ株(カブドットコム証券で取扱い)などがあります。

コツコツ貯めているうちに単元株になる「るいとう」などの単元未満株取引は、数ある投資型金融商品のなかでも地味な存在です。時間をかけてじっくりと資産形成をしたい人にお勧めします。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.