家庭の財政学

リスク分散の方法が重要

リスクとリターンの関係は

ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンがあたり前といっても、リスクを軽減しながら、リターンを期待することは不可能でしょうか?答えは可能です。

その方法としていちばんよいのは分散投資です。リスクのあるものに投資するにしても、いくつかに分散すれば、そのなかの一つがダメになっても他のものでカバーすることができるからです。

ただし、分散の仕方によってはリスクがあまり軽減されないこともあります。「類は友をよぶ」ではありませんが、同じような動きをするものにいくら分散をしても共倒れの危険性があるからです。できるだけ動きの異なるものに分散することで互いの影響を受けずにすみます。多角経営を行うことと同じです。

では、資産運用として考えた場合、具体的にどのような方法がよいのでしょうか

例えば、日本株と外貨預金・外貨建債券などの組み合わせは相性がよいと言われます。なぜなら、日本が不況で先行き景気の見通しが悪いと、国内の金利は低いままだし、株価はなかなか上がりません。しかし、海外に目を向けると景気がよく金利が高い国がたくさんあります。このような国にはお金が集まり、その国の通貨は高くなる傾向があります。つまり円安メリットが生じて、外貨投資が有利になるわけです。

反対に、日本の景気が良くなるならば株価が上昇し、海外からもお金が入ってくるので円高要因になります。円高は外貨預金や外貨建債券などにとってマイナスですが、海外からの資金が流入して日本株が上昇するならば相殺されます。

このように、互いが異なった動きをするものを、両方持つことによってリスクの分散効果があります。逆に、似たような動きをするものを、いくらそろえてもリスクがあまり減らないので、分散効果は低くなるわけです。

とはいえ、近年は世界同時株安に円高が重なり、短期的にはどこに投資しても損が出るような時期も見られます。日本の場合、基幹産業が輸出により収益を上げる割合が大きく、円高がマイナス要因になります。すると株も外貨も目減りし、プロの投資家が早めに運用資産の一部を現金化しようと、利益が出ている他の資産にも売りが出て資産価格全体が下がることもあります。

これは、次の相場への備えとして資金をプールしておく流れなのですが、一般の投資家がこのような短期的な流れについていくことはたやすいことではありません。むしろ目先の相場には一喜一憂せず、長期的な視点で分散投資を行うことで、結果として運用成果につながる確率が高くなります。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.