家庭の財政学

NISAで貯める

知っておきたい「貯める」ための知識

平成26年から「少額投資非課税制度」がスタートします。NISA(ニーサ)の愛称で、すでに金融機関の争奪戦が始まっています。NISAで「貯める」ことはできるのか、考えてみましょう。 今まで、株式と株式投資信託の値上がり益や配当金(分配金)にかかる税率は10.147%となっていました。平成26年1月から、貯蓄と同じ20.315%に引き上げとなります。これに合わせて、「少額投資非課税制度」というものが始まります。少額投資非課税口座を開設すると、毎年、100万円までの投資枠ができ、その投資分については5年間、配当や売却益が非課税となります。少額投資非課税口座は10年間開設できるので、最初の投資分を5年後の投資枠に充当すると、最大10年間は非課税で運用できることになります。ただし、投資の対象は、株式及び株式投資信託などとなっています。

投資の対象が価格変動がある商品であること、1年間の投資枠が100万円であることを考えると、積立貯蓄とは言えませんが、資産を「貯める」のに活用することはできそうです。

公社債型投資信託は、投資対象が公社債のみに限定されており、いろいろな規制があります。そのため、主に国内の債券に投資する、安定した運用の投資信託でも、株式投資信託に分類されているものがあります。そのような投資信託を選んで投資していけば、比較的安定的に資産を増やしていくことができます。かえって大きく値下がりする心配がなく、少額投資非課税制度が終了するまで確実に分配金を非課税で受け取ることができます。

1年間の投資枠が100万円であることにもこだわる必要はありません。今まで株式や株式投資信託で資産運用をしていた人ならば、その分はこの口座を利用しようと考えることでしょう。しかし、今まで証券投資をしていなかった人にとっては、新たに非課税の貯蓄枠ができたと考えることができます。毎月1万円(年間12万円)でも、毎月3万円(年間36万円)でも、必要なだけ有効活用をしましょう。

値上がり益を狙うのではなく、公社債で運用する投資信託の分配金を非課税にするために、NISA口座で積立てをするという考え方があってもよいでしょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.