家庭の財政学

格付けで預け先をチェック

貯蓄の安全を考える

金融機関や債券の発行元の健全性を確認するには、格付けをチェックするのが便利です。格付けとは、格付機関といわれる評価会社が、金融機関や企業、そして国などの財政の健全性を調査して、総合的に判断した評価です。あくまで民間企業である評価会社が付けたものですので、限界はありますが、貯蓄の預け先を選ぶ上では大変参考になります。たいていの銀行、保険会社、債券発行会社には、格付けがついていますので、一度確認したいものです。格付けのランクは、評価会社によって異なりますが、おおむね★5のようになっています。



★5 主な格付けとその意味
主な格付けとその意味


このうち、BBB(Baa)以上が「投資適格」と言われており、比較的安心できると考えられます。貯蓄の預け先を選ぶ際には、格付けをチェックして、その健全性を確認することが大切です。特に、債券の場合は、債券の格付けによって、金利が違ってきますので、金利との兼ね合いも考慮しながら選ぶ必要があります。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.