家庭の財政学

ペイオフが導入されて

貯蓄の安全を考える

「ペイオフ」とは、金融機関が破たんした場合に、預金保険機構などが一定額までの預金を払い戻すことです。2002年より段階的に導入され、2005年の4月から完全に実施されました。それまでは、実質的に全額が保護されていましたので、ペイオフ導入後は、預金の種類や金額によっては、全額が戻ってこなくなる可能性があるということです。
ペイオフの対象となるのは、以下の商品(★4)です。



★4 ペイオフの対象商品
ペイオフの対象商品


2010年に、日本振興銀行という金融機関が破たんし、ペイオフが発動されました。1,000万円までは元本とその利息が保護されましたが、それを超える部分は保護されませんでした。

なお、2007年に民営化されたゆうちょ銀行は、民営化前からの貯金とその後の貯金で扱いが異なります。民営化前に預けられた貯金は、全額が政府によって保証されています。民営化後に預けられた貯金は、他の金融機関と同様に、ペイオフの対象となります。

金融機関の破たんから資産を守るには、いくつかの工夫が必要です。まず、金融機関の格付けなど、健全性を確認して預金をする。一つの金融機関には1,000万円までにしておく。定期預金などはすぐに解約できない場合があるので、ある程度は普通預金に預けておく。普通預金も複数の金融機関に預けておく。といったことです。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.