家庭の財政学

個人向け国債の魅力

貯蓄商品のいろいろ

債券を発行しているのは、大手企業や都道府県、国際機関などいろいろありますが、その中でも国は大きな発行元です。国の借金が膨大だという理由もありますが、安心できる発行元として、人気もあります。種類が多い上に、定期的に発行しているので、証券会社や金融機関での販売体制も整っています。満期までの期間によって、「2年国債」「5年国債」「10年国債」があり、いずれも5万円単位で購入できます。固定金利ですから、満期まで売らなければ、損をすることはなく、半年ごとに決まった金利がもらえます。

これとは別に、国は個人を対象に、「個人向け国債」というものを発行しています。これは、個人専用の国債で、法人でも買える普通の国債とは少し違った特徴を持っています。途中でお金が必要になった場合に、国が元金で買い取ってくれます。少しペナルティーを取られますので、すぐに売却してしまうと損失になってしまいますが、決まった価格で売却できるという安心感があります。債券の種類は、満期までの期間によって「固定金利3年満期」「固定金利5年満期」「変動金利10年満期」の3つです。

このうち、「変動金利10年満期」が変わり種です。名前の通り、『変動金利』となっています。債券は国債に限らず、固定金利が一般的ですから、変動金利のものはなかなか珍しいです。その時の金利情勢に合わせて、半年ごとに金利が変わります。今は金利が低いのですが、これから金利が上がるとすると、変動金利は魅力的かもしれません。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.