家庭の財政学

貯蓄に向いた保険商品

貯蓄商品のいろいろ

生命保険は、いざという時のための保障であって、厳密な意味での貯蓄商品ではありません。しかし、貯蓄機能が充実した商品も少なくなく、貯蓄の一つとして利用できます。特に、積立てという面では優れており、貯蓄を目的として保険に加入するだけのメリットがあります。いくつかをご紹介いたしましょう。

個人年金は、老後に備えた貯蓄に向いています。もともと保障よりも貯蓄を重視している商品ですので、預金に比べて、運用利回りがよくなっています。現役時代に毎月積み立てていき、老後に年金として受け取ることができるのも、生活設計を立てやすく、セカンドライフに向けた貯蓄として優れています。

終身保険は、保険の対象となる人が死亡した場合に保険金が出る保険商品です。しかし、万が一に備えるばかりでなく、老後のための貯蓄としても使えます。終身保険は解約返戻金がよいので、途中で解約して受け取ってしまうのです。中には、途中から解約返戻金がアップする終身保険もあります。もちろん、万が一の際の保障という面もありますので、保障をつけながら貯蓄ができます。

こども保険(学資保険)は、教育資金の準備として利用されています。加入する人は、「毎月引き落としで貯蓄され、進学時に満期金が出る」という貯蓄機能に魅力を感じている人が多いのではないでしょうか。何かと出費がかさむ子育て時期に、強制的に貯蓄され、満期までお金を出せないというのは、貯蓄のための大きなポイントでしょう。

長期の貯蓄という面では、保険商品は預金以上に魅力があります。デメリットとしては、途中解約をすると不利になってしまうことが多い点です。長い積立期間には、始めた頃とは状況が変わってしまうことも少なくありません。その際に途中解約をしてしまうと、損失となってしまうことがあります。それだけに、家計の状況をよく把握して選択したいものです。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.