家庭の財政学

財形貯蓄の魅力

お金を貯めるコツ

積立貯蓄にはいろいろなものがありますが、その中でも財形貯蓄はサラリーマンの貯蓄としては代表的なものです。非課税制度もありますので、うまく利用したいものです。

財形貯蓄は、正式には「勤労者財産形成貯蓄制度」といい、この制度を導入している職場の従業員が利用できます。「一般財形貯蓄」「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」の3種類があります。実際には、積立定期預金、公社債投資信託、積立保険など安全性の高い貯蓄商品で積み立てます。制度を利用することでいくつかのメリットがあります。

まず、給与天引きで積立てがなされます。そして、「財形住宅融資」という住宅ローンを利用することができます。さらに、「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」は、元利550万円(保険型は払込み保険料で385万円)までは、利息などに税金がかからないようになっています。ただし、いくつかの条件が必要となります。

(1)55歳までに積立てを始める。
(2)5年以上積立てを続ける。
(3)制度の目的にあった理由で引き出す。


「財形住宅貯蓄」は、自宅の購入、改築のため。
「財形年金貯蓄」は、60歳以上に年金で受け取るため。


上記の条件に合わない場合は、引き出しの時に過去5年間の利息などに20%の税金がかかります。それだけに目的を明確にして始めましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.