家庭の財政学

現金がなく相続税が納められないときは?

こんなときはどうしたらいい?

相続税は財産にかかる税金であることから、金銭で一時に納付することが困難な場合があります。このようなときには、担保を提供して相続税を分割で納める延納制度があります。延納できる期間は、原則として5年以内で、延納期間中は利子税がかかります。
延納によっても金銭で納付できない場合には、相続財産で税金を納める物納制度があります。
延納および物納は、納期限までに申告書を提出して税務署長の許可を得なければ適用されません。手続きは非常に複雑ですので、税理士に相談してみてください。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.