家庭の財政学

借金が財産より多いときどうする?

こんなときはどうしたらいい?

先にお話ししたように、相続は被相続人の一切の財産を継承するため、借金や未払いの税金など負の遺産も引き受けなければなりません。したがって、相続財産よりも相続債務の方が多いときは、相続人は自分の財産から債務の弁済をすることになります。これを避けるためには、相続の放棄または限定承認という方法があります。
相続の放棄をすると、その人は初めから相続人でなかったものとみなされます。財産を取得する権利がなくなりますが、借金を返済する義務もなくなります。放棄の手続きは、家庭裁判所で行います。 注意しなければならないのは、配偶者と第一順位の子が相続放棄をすると、これらの人ははじめから相続人でなかったものと見なされるので、第二順位の父母が相続人となるという点です。ですから、第二順位、第三順位と、全ての順位で段階を踏んで相続放棄をしなければ、借金の返済をする義務からは解放されないことになります。
また、相続の放棄をしても、生命保険金や退職金などの「みなし相続財産」は、本来的には相続人固有の財産であるため、受け取ることができます。この場合の申告は、相続ではなく遺贈により取得したことになり、それぞれの非課税枠の適用は受けられません。
相続の放棄や限定承認は、一度すると取り消せないので、慎重に行う必要があります。また、相続の放棄は一人でもできますが、限定承認は、相続人が複数いる場合は相続人の全員で行わなければ認められません。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.