家庭の財政学

贈与税の計算方法と申告・納付

贈与税について

贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額から、基礎控除額を控除した後の価格に税率を乗じて計算します(★10)。贈与税の基礎控除額は110万円、税率は10%〜50%の6段階の超過累進税率です。
贈与税も相続税と同様に、平成27年1月1日以後贈与分から、10%〜55%の8段階の超過累進税率に改正されます。また、子や孫など直系卑属には軽減された税率が適用されるようになります。



★10 贈与税の計算
贈与税の計算


贈与税の申告は、贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までの間に行います。金銭一括納付が原則ですが、贈与税にも延納の制度があります。贈与税の延納期間は5年以内となっています。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.