家庭の財政学

課税対象となる財産は?

贈与税について

贈与税の対象となるのは贈与によって取得した財産で、財産権の対象となる一切の物および権利です。
贈与の形態をとらなくても実質が贈与であれば、贈与税が課税されます。資産を時価よりも低い価額で譲り受けた場合、保険料を負担していない者が受け取った保険金、金銭の貸借契約書はあっても実質は贈与とみなされるもの、借金の免除などがこれに当たります。 他方、扶養義務者間で生活費・教育費に充てるために贈与された財産など、特定の財産は課税されません。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.