家庭の財政学

具体的な相続税額のシミュレーション

相続税について

では、★3の場合で具体的に金額を当てはめてみましょう。
遺産の総額は2億2,000万円、うち1億円を妻が、それぞれ4,000万円を子Aと子Bが、それぞれ2,000万円を孫aと孫bが相続したとします。
まず、基礎控除額は(5,000万円+1,000万円×5人)=1億円ですから、(遺産総額2億2,000万円―基礎控除額1億円)=1億2,000万円が課税遺産の総額になります。
次に、課税遺産総額1億2,000万円を法定相続分通りに相続したとして計算すると、


妻:1億2,000万円×1/2=6,000万円
子A/子B:1億2,000万円×1/2×1/3=2,000万円
孫a/孫b:1億2,000万円×1/2×1/3×1/2=1,000万円

となります。
それぞれに税率を当てはめて、税額を計算すると、


妻:6,000万円×30%-700万円=1,100万円
子A/子B: 2,000万円×15%−50万円=250万円
孫a/孫b: 1,000万円×10%=100万円

となり、5人の合計額1800万円が、相続税の総額になります。
次に、これを実際の財産の取得割合に応じて按分すると


妻:1,800万円×(1億円/2億2,000万円)=818万円
子A/子B:1,800万円×(4,000万円/2億2,000万円)=327万円
孫a/孫b:1,800万円×(2,000万円/2億2,000万円)=163万円

となります。
そして妻には「配偶者の税額軽減」が適用され、妻の税額は0円になりますので、子2人と孫2人の相続税の合計額は980万円となります。
さて、平成27年1月1日以後に相続があった場合はどうなるでしょうか。同じケースで考えてみます。
まず、基礎控除額は(3,000万円+600万円×5人)=6,000万円ですから、(遺産総額2億2,000万円―基礎控除額6,000万円)=1億6,000万円が課税遺産の総額になります。
次に、課税遺産総額1億6,000万円を法定相続分通りに相続したとして計算すると、


妻:1億6,000万円×1/2=8,000万円
子A/子B:1億6,000万円×1/2×1/3=2,666万円
孫a/孫b:1億6,000万円×1/2×1/3×1/2=1,333万円

となります。
それぞれに税率を当てはめて、税額を計算すると、


妻:8,000万円×30%-700万円=1,700万円
子A/子B:2,666万円×15%−50万円=350万円
孫a/孫b:1,333万円×15%−50万円=150万円

となり、5人の合計額2,700万円が、相続税の総額になります。
次に、これを実際の財産の取得割合に応じて按分すると


妻:2,700万円×(1億円/2億2,000万円)=1,227万円
子A/子B:2,700万円×(4,000万円/2億2,000万円)=490万円
孫a/孫b:2,700万円×(2,000万円/2億2,000万円)=245万円

となります。
そして妻には「配偶者の税額軽減」が適用され、妻の税額は0円になりますので、子2人と孫2人の相続税の合計額は1,470万円となります。
同じ金額を同じように相続したとすると、改正前と改正後では、相続税額は490万円増えることになります。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.