家庭の財政学

課税財産と非課税財産

相続税について

相続税は、財産権の対象となる一切の物および権利に対して課税されます。また、民法上は相続財産ではないけれども実質的には相続財産と変わらない生命保険金や死亡退職金は、みなし相続財産として非課税限度額を超える部分が、課税の対象になります。
一定の財産は、社会政策的な見地、国民感情から非課税財産とされています。代表的なものとして、お墓や仏壇といった祭祀関係の財産があります。
相続人が取得した生命保険金や退職金については、遺族の生活保障という観点から★5の金額までは相続税がかかりません。

★5 非課税限度額の計算
非課税限度額の計算


© NTT IF Corporation All Rights Reserved.