家庭の財政学

遺言が最優先

相続とは?

遺言があるときは、法定相続分よりも遺言の内容が優先します。遺言により財産を無償で与えることを遺贈といいます。相続分を指定したり、相続人以外の人に財産を与えることもできますが、民法は、相続人に残すべき財産の最低限度を定めています。これを遺留分といいます。
たとえば、「財産は全て愛人に」という遺言を遺しても、その遺言自体は有効です。ただし、この遺言に不服のある妻や子どもといった相続人は、遺留分の減殺請求を裁判所に申立て、本来相続できるはずだった法定相続分の財産の半分を返してもらうことができます。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.