家庭の財政学

相続した不動産は相続登記を

死亡から相続税申告までの流れ

相続により不動産を取得したときは、相続登記をします。登記に必要な書類は、登記申請書、相続証明書(戸籍謄本など)、固定資産税評価証明書、遺産分割協議書などです。これらの書類の作成と登記の手続きは、司法書士が行うのが一般的です。登記を行う際には登録免許税がかかります。相続の場合、固定資産税評価額に0.4%の税率を掛けた金額を納めます。
この相続登記をしないで放置し、先代名義や先々代名義の土地や建物があったりすると、世代が進むにつれて関係者がどんどん増え、話し合いをまとめるのにも大変な時間と労力を要することになるので、相続登記は速やかにするようにしましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.