家庭の財政学

相続税の申告や不動産登記の前に、遺産分割協議を

死亡から相続税申告までの流れ

亡くなった人の遺産は、遺言書がある場合、それに従うのが原則です。遺言書がない場合には、相続人の間で話し合い、それぞれに遺産を分割します。
遺産の分割には基本的に期限はありませんが、相続税の申告や不動産の登記をするときには、その内容をまとめた「遺産分割協議書」が必要になります。この遺産分割協議書は、自分で作成できますが、相続税の額に影響する場合もあるので、司法書士や税理士に相談することをお勧めします。遺産分割協議書には、相続人全員の実印が捺印されていることと、印鑑証明書を添付することが必要です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.