家庭の財政学

亡くなった人の所得税は準確定申告で

死亡から相続税申告までの流れ

死亡した人が事業を営んでいた場合など、所得税の確定申告書を提出しなければならない人の場合、相続の開始があったことを知った日の翌日から4カ月以内に、相続人全員の連名で、死亡した人の所得について「準確定申告」をしなければなりません。税務署への手続きは、他にも個人事業の廃業届、消費税の申告などが必要となる場合があります。
一般的なサラリーマンについては、会社が死亡時に年末調整を行ってくれますので、準確定申告をする必要はありませんが、入院費用がかさんだなどの場合には医療費控除の還付申告をすることができます。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.