家庭の財政学

相続の放棄や限定承認は3カ月以内に

死亡から相続税申告までの流れ

相続人は、死亡した人の財産上の権利義務を承継することになります。財産は預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も全て含みます。借金の方が多い場合、「相続の放棄」や「限定承認」という方法を選択することができます。
相続の放棄とは、被相続人の権利義務の承継を全て拒否することをいいます。この場合、相続の開始があったことを知った時(通常は死亡時)から3カ月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出します。明らかにプラスの財産よりマイナスの財産が多いようなケースでは、この方法をとりましょう。
限定承認は、預貯金などプラスの財産の範囲内で借金などマイナスの財産を支払うことを条件として相続する方法です。相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に財産目録を調製して、家庭裁判所に申述書を提出します。その後5日以内に、限定承認をした旨などを官報に公告しなければなりません。ただしこの方法は、相続人全員で行わなければならないことから、一人でも同意しない人がいるとできないことや、非常に手続きが煩雑なため、実際にはほとんど行われていません。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.