家庭の財政学

遺言書の検認手続き

死亡から相続税申告までの流れ

遺言書には、大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。
自筆証書遺言は、遺言者が内容・日付・氏名を自署し押印したものです。この遺言書を保管している人や遺言書を見つけた相続人は、すぐに家庭裁判所に遺言書の「検認の申立」をしなければなりません。封印がされている場合には、これを勝手に開封することは禁じられています。この検認手続きは、遺言書の偽造や変造を防ぐために行います。検認の申立から手続きが終わるまでに1カ月以上かかります。その間は遺言の執行をすることはできませんので、注意が必要です。
公正証書遺言は、公証役場で公証人が作成した遺言書です。こちらは偽造や変造の恐れがないために、家庭裁判所の検認手続きは不要です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.