家庭の財政学

ケアプランの作成はケアマネージャーと相談

親が介護状態になったとき

在宅介護・施設介護のどちらにしても、要介護度の支給限度額の範囲内で、利用者が実状や希望に応じてどのサービスを受けるのかを決め、また、サービスを提供する事業者を選択します。

とはいっても、サービスを提供する事業者の決定などは、知識がなければできません。そこで、一般的には、ケアマネジャー(介護支援専門員)に相談します。

ケアマネジャーは、利用者の希望や家族の意向を聞きケアプランを作成します。同時に介護サービス事業者との連絡や調整も行います。なお、ケアマネジャーに対する報酬は、介護保険制度から支払われるため、各個人が負担する必要はありません。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.