家庭の財政学

在宅サービス

親が介護状態になったとき

公的介護保険から受けられる介護サービスは、大別すると「在宅サービス」「施設サービス」の二つがあります。なお、要介護度によってそれぞれ利用できる額や回数に制限があります。

1. 自宅で生活しながら受けられるサービス

訪問介護
ホームヘルパーが自宅を訪問して身体介護や家事援助などを行う。

訪問入浴介護
自宅に浴槽を持ち込んで、入浴のサービスを行う。

訪問看護
看護婦などが自宅を訪問し、床ずれの処理など、療養生活に必要なことを行う。

訪問リハビリテーション
理学療法士などが自宅を訪問し、歩行訓練などのリハビリテーションを行う。

居宅療養管理指導
自宅療養で病院に行くのが困難な場合、医師、歯科医師や管理栄養士などが訪問して療養上の管理や指導を行う。

2. 施設に通所、短期入所して受けるサービス

通所介護(デイサービス)
送迎バスなどでデイサービスセンターなどに通い、入浴や食事などのサービスを受ける。

通所リハビリテーション(デイケア)
介護老人保健施設や病院などに通い、リハビリテーションを受ける。

短期入所生活介護(福祉施設でのショートステイ)
介護老人福祉施設や介護老人保健施設などに短期間入所し、日常生活の世話や機能訓練などのサービスを受ける。

短期入所療養介護(医療施設でのショートステイ)
短期入所生活介護と比べ、リハビリテーションが重視される。

認知対応型共同生活介護(グループホーム)
5〜9人など少人数で介護職員とともに共同生活を送る。

特定施設入所者生活介護
有料老人ホームなどの入所者で、要介護の認定を受けた人が、入浴・食事・機能訓練などの介護を受ける。

3. その他、自宅で受けられるサービス

福祉用具の貸与・購入費の支給
車椅子など福祉用具がレンタルできる。

住宅改修費の支給
自宅に手すりの取り付けや、段差解消など、バリアフリーのための費用。

居宅介護支援
ケアマネジャーが行うサービス。ケアプランを立てたり、サービスがきちんと提供されているかどうかの確認を行う。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.