家庭の財政学

第1号、第2号被保険者の違いは

親が介護状態になったとき

要介護状態と認定されても、第1号被保険者と第2号被保険者、つまりは65歳以上であるか40歳から64歳であるかによって扱いは違ってきます。

65歳以上であれば、介護状態になった原因は何であろうと、介護サービスを利用できます。しかし、40歳から64歳までは、「老化に起因する特定の病気」(★3)でなければ介護サービスは受けられません。つまりは、介護保険の被保険者にはなっているが、同じ介護状態であっても初老期の認知症や骨粗しょう症など給付の対象となる病気が限定されているのです。

★3 40〜64歳でも介護サービスが利用できる特定疾病
40〜64歳でも介護サービスが利用できる特定疾病

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.