家庭の財政学

有料老人ホームは利用権を買うシステム

親との暮らしを考える

有料老人ホームは、民間事業者が提供する施設で、社会福祉法人や医療法人などの公益法人以外にも民間の株式会社も経営しています。ということは、誰でもが経営できる施設なので運営姿勢やサービス内容面で、大きな違いがあるということです。

施設の選択や入居手続きは個人で行い、入居費用に対する公的助成などはなく、入居時や入居後の生活には多額の費用がかかります。

有料老人ホームには独特のシステムがあってその一つが「利用権方式」です。利用権方式とは、入居金を払うことによって一定のスペースやサービスを利用する権利を買うことをいいます。なかには所有権方式や賃貸方式のホームもありますが、死ぬまで入居できるタイプの終身利用権方式が多数を占めています。

入居一時金は自立型の場合ですと2,000万から3,000万円と高額なため分譲マンションを買う感覚を持ちがちですが、権利の購入なので入居後自由に売買はできません。ただし最近では、入居一時金はゼロで、月々のコストが高めになるタイプの有料老人ホームも増えています。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.