家庭の財政学

ケアハウスは公的な有料老人ホーム

親との暮らしを考える

ケアハウスは、公的な有料老人ホームといえます。通常の有料老人ホームにケア機能がプラスされたもので、独立して生活するには不安があり、家族の援助を受けるのが難しい60歳以上が対象です。地方自治体や社会福祉法人などが設置・経営している公的施設ですが、契約は個人で取り交わします。

最初に入居金を支払う方式と入居後月々利用料を支払う方式があり、入居者の所得によって金額も違います(★2)。たとえば、あるケアハウスの場合、生活費・管理費・事務費を含んで月額8〜15万円程度。また、管理費を入居一時金として払う施設もあります。



★2 ケアハウス利用料金の例
ケアハウス利用料金の例


狭いながらも個室の生活で、数は少ないですが、夫婦用の個室もあります。食事は3食とも施設で用意してくれますが、部屋にはキッチンもあります。施設の規則はゆるやかで、旅行や外泊は自由、個人の生活パターンを崩さない生活が可能です。

ただし、病気になり、一人で身の回りのことができなくなったとき、また、介護が必要になったときは、個人で公的介護保険を利用してヘルパーを依頼し、ケアハウスでの生活を続けることもできるケアハウスも中にはあります。また、ケアハウスであっても、特定施設入居者生活介護施設と認定されれば、公的介護保険の介護サービスを受けられます。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.