家庭の財政学

教育費の目安がつき、老後資金にとりかかる

50代こそ積極的に貯める

では、いつから老後資金の準備をしたらいいのでしょうか。理想はできるだけ早くですが、子どもが成長して子育て費用がある程度目安のつく50代というのが現実的でしょう。

なお、サラリーマンの夫なら50代初期から年収が減るのが一般的ですが、その分、子どもの自立により教育費、食費代が減ります。妻もパートに出る機会が増え、所得税を払わなくてすむ103万円以下に年収を抑えても、夫の年収と合わせると余裕が出る時代です。働く面白さを知ったなら、無理に収入を抑えず思い切り働く妻がいてもいいかも知れません。主に働く人が変わる夫婦がいても不思議ではありません。40代までは、決めた額の貯金をする癖をつける時代ですが、50代は積極的に定年前後を意識した貯め方と殖やし方が必要です。
これから先のイベントを一覧表形式でまとめ(ライフプラン★1参照)、本格的な自分自身の老後マネープラン作成へとスタートしましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.