家庭の財政学

情報は井戸端会議から

30代、40代でできること

老後を快適に過ごせるかどうかは、上手な情報の収集と利用にかかっています。公的機関の広報などはもちろん、子どもの友人の親や地域のサークル仲間との雑談、仕事仲間のお昼休みの会話などに豊富な情報が隠れています。
親を介護されている方の実践的な話や失業した人の話、定年退職した人の話、職業訓練を受けている人の話、年金を受給している人の話など、どれも聞いておいて損はありません。
小耳にはさんだちょっとしたことが意外と役に立つのです。
実際に自分が高齢になってその立場になったときは、目の前の処理に追われて心の余裕がなく、自分で行動して必要な情報を探すことは難しいものです。自分が元気な30代、40代のうちに、人生の先輩の話に興味をもって会話に加わる陽気さの延長上に、老後の快適生活があります。若いときこそ資金の不足を体と感性で補い、行動することをオススメします。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.