家庭の財政学

夫婦の考えのすり合わせ

必要な老後資金と準備資金

老後を快適に過ごせるかどうかは、まず、老後をはっきりイメージとして捉えられるかどうかにかかっています。日頃から夫婦の意見を基本的なところで調整しておきましょう。何を大切にするのか、夢は何か、譲れない生き方のスタンスなどを話し合うことで、削れるものと守るものの選択が容易になります。
たとえば、私が受ける相談でよく聞くのが、妻(夫)が極端に切り詰めた生活を要求するという悩みです。老後になってお互いの考えの違いを合わせるのは至難の技です。
高齢になるということは、健康も収入も友人も気力も今までより減少することです。子どもとの関係も対等ではなくなるかもしれません。自分の意見をはっきり通すことも叶わなくなることもあります。若いときのやる気も加齢とともに失っていくかもしれません。だからこそ若いときから、親や年長の友人などの生き方を参考にして、自分たちの老後をイメージし夫婦でよく話し合い、すり合わせておくことが大切です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.