家庭の財政学

定額払い、実損てん補、治療一時金タイプ

がん保険選びのポイント

がん保険は、がんと診断されたら一時金がいくら、がんで入院したら1日いくら、と給付金が決まっている「定額払いタイプ」と、がんの治療費等にかかった費用を補てんする「実損てん補タイプ」、さらには、三大治療を行う限り、毎年1回一時金が受け取れる「治療一時金タイプ」もあります。

実損てん補タイプは、国内未認可の治療法や薬剤を使用しても対応できる「自由診療」を前提にしており、かかった医療費の実費を保険でまかなえる仕組みになっています。「治療一時金タイプ」はまだ商品は多くはありません。

がん保険選びのポイントとして、まずは、定額払いタイプか実損てん補タイプ、治療一時金タイプかで絞り込む必要があります。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.