家庭の財政学

がん保険はなぜ必要?

がん保険選びのポイント

日本人の死因のトップが「がん」。一生涯の中で、男性で2人に1人、女性で3人に1人ががんに罹患すると言われています。「不治の病」と恐れられたのは過去のことで、今は、がんは「治す病気」とされています。
がんに特化した医療保険が「がん保険」です。がんと診断されたとき(入院や治療開始が要件の商品もあります)には一時金が、入院したときには1入院の制限なしで日数分が受け取れるため、治療費や闘病中の家族の生活費などに充てることができます。

がんについては、三大治療と言われる手術、放射線治療、抗がん剤治療のほか、先進医療に該当する陽子線治療・重粒子線治療、ホルモン療法、温熱療法、遺伝子療法をはじめ、治療法が多様化しています。しかし、未だに特効薬は見つかっていません。
10割負担となる先進医療の対象となる治療法も多く、つまりは、そうした治療法を利用する可能性がある病気といえます。また、がん患者の方には、サプリメントや民間療法にお金をかける人もいて、ほかの病気に比べ費用がかかることがある病気と見られています。特に親戚にがんが多いなどリスクを感じる人は、がん保険に加入しておくと安心でしょう。

しかし、がん保険はあくまでもプラスアルファの保険。医療保障のベースはやはり、どんな病気やケガもカバーする「医療保険」です。がんも医療保険で保障され、入院給付金なども同様に給付されます。「がん保険」を検討する時は、自分が入っている医療保険や医療特約を前提にして保障額を決めたり、商品を選ぶというポイントも忘れないようにしましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.