家庭の財政学

給付日数はどれくらいが適当?

医療保険選びのポイント

医療保険を選ぶ際、必ず確認したいものの1つが給付日数です。それぞれの商品を比較するポイントになります。1入院で何日まで、通算で何日まで給付が可能かという上限が設定されています。

かつては「1入院限度120日/通算限度700日(または730日)」が主流でしたが、最近は、1入院給付限度日数が短期化する一方で、通算給付限度日数については長期化する傾向が見られます。

1入院に対する給付制限では「40日」や「60日」が主流になっていますが、一部に長期化する傾向も見られ、「180日」や「360日」の商品もあります。
通算給付限度日数は、現在は「1000日」や「1095日」がほとんどです。
同じ商品でも、「1入院は60日、120日、180日、360日、1095日、通算は730日、1095日から選ぶ」というように、選択できる場合もあります(主として対面販売)。給付限度日数の上限が長くなるほど保険料は高くなるので、どれくらいだと「安心」を得られるか、それとコストとの兼ね合いで考えたいものです。
特に終身型の場合は、通算限度日数が長いほど安心感は高いといえます。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.