家庭の財政学

転換

保障の見直し方法

現在加入している保険を下取りし、新しい保険に加入し直す方法です。下取りした金額(解約返戻金)を新しい保険の頭金として充当するため、その分新規に加入するよりも保険料は安くなります。今まで入っていた保険と、同じ会社の保険に入り直したい場合に転換は利用されています。

ただし、転換後の保険料は転換時の年齢、保険料率(予定利率)で計算される点に注意が必要です。特に予定利率の高いときに加入した保険の場合には、安易な転換は避けるべきです。

転換には次の3種類があります。

1. 基本転換…転換価格(下取り価格)を転換後の主契約に充当
2. 比例転換…主契約と定期保険特約の両方に分けて充当(★6)
3. 定特転換…定期保険特約部分にのみ充当

転換当初は充当された転換価格の分だけ保険料が安くなっていますが、(2)と(3)に関しては、次の更新時に、保険料が急激にアップする場合が多いので注意が必要です。

★6 比例転換のしくみ
比例転換のしくみ

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.