家庭の財政学

解約して新規加入

保障の見直し方法

加入している保険が、定期保険のような掛け捨て保険の場合は、現在の保険を解約して、新しい保険に加入し直すのが合理的。長寿化や保険会社の経営努力などによって、保険料単価は安くなってきています。掛け捨て保険であれば、契約年齢が上がっていても、保険料がほとんど上がらなかったり、保険会社を変えることで、かえって安くなるケースもあるくらいです。解約して新規加入をする場合は、好きな保険会社の保険を自由に選べるので、見直し後のプランも作りやすくなります。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.