家庭の財政学

専業主婦ファミリー

ライフスタイル別保険加入&見直しのポイント

妻が専業主婦の場合、共働きのご夫婦よりも多めの死亡保障が必要です。お子さんがいないとしても、いったん仕事を辞めてしまった妻の再就職口がすぐに見つかるとは限らないので、生活を立て直すまでの資金手当てが必要になります。
特に結婚して間もない場合には、貯蓄もそれほど多くないのが一般的。夫は1,000万から2,000万円程度の死亡保障を確保しておくといいでしょう。マイホームがない場合には、家賃負担分を考慮し1,000万円程度の保障の上乗せを検討してください。
お子さんが生まれたら3,000万円程度に保障をアップ、兄弟姉妹が増えたらさらに500万から1,000万円程度をプラスしていくようにします。保障額が高額になると、保険料の負担も重くなるので、定期保険や生活保障保険などの掛け捨て保険を中心に、死亡保障を確保するのが合理的です。
妻の保障は医療保障の確保がメインになりますが、幼いお子さんがいる場合には保育費、食費、クリーニング代など、いままでかからなかった費用が発生する可能性があるため、主婦でも500万〜1,000万円程度の死亡保障を準備しておくほうが安心です。医療保険+定期保険で必要保障を確保しましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.