家庭の財政学

シングル

ライフスタイル別保険加入&見直しのポイント

シングルで親を養っていない方の場合、死亡保障の役割はそれほど大きくありません。シングルの方は、死亡保障は500万円程度あれば十分なので、まずは医療保険への加入を検討しましょう。入院1日5,000円程度を目安に、医療保険を選ばれるとよいでしょう。

シングル女性の場合、結婚後、仕事を辞めても保険をそのまま継続できるよう、保険料負担のあまり重くないものを選ぶのがコツ。妊娠すると、保険加入に制約が生じますので、自由に選べるときに、結婚後のことを見据えて医療保険に入ってしまうのがおすすめです。

シングル男性で、近いうちに結婚する予定がある、または保険料の安いうちに一生涯の保障を確保しておきたいという場合には、終身保険に加入する方法も検討してはいかがでしょうか。ただ予定利率が固定されてしまうタイプの終身保険は、現在の低い予定利率が将来にわたって適用されてしまうため、これからの払込期間が長い若い人にとっては、低金利の今加入するのはあまり得策とはいえません。
そこで、将来の金利上昇を反映できる利率変動型終身保険や、運用実績に応じて保険金額が増える変額終身保険などがおすすめです。 また、男女ともずっとシングルの予定であれば、老後を見据えて医療保険を選んだり、介護保障などの準備も40代に入ったころには考えるようにしましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.