家庭の財政学

国からの保障、遺族年金

生命保険と公的保障

生命保険を考える前に、まず国からどれくらい保障されているのか、遺族年金について知っておく必要があります。

1. 夫が会社員の場合

会社員であった夫が亡くなった場合、高校生以下(18歳になった直後の3月31日まで。以下同)の子どもがいれば遺族基礎年金と遺族厚生年金が支払われます。高校生以下の子どもがいない場合には、遺族厚生年金が支払われるほか、夫の死亡時に妻が40歳以上であれば、妻が65歳になって、自分の老齢基礎年金がもらえるまでは中高齢寡婦加算が支払われます。子どものいない30歳未満の妻の場合は、遺族厚生年金が5年で打ち切りになります。★1は会社員の遺族年金です。



★1 夫が会社員の場合の遺族年金(18歳以下の子どもが一人いる場合)
夫が会社員の場合の遺族年金(18歳以下の子どもが一人いる場合)


2. 夫が自営業の場合

自営業だった夫が亡くなった場合、高校生以下の子どもがいえれば遺族基礎年金が受け取れます。遺族基礎年金の金額は★2になります。夫が亡くなった時点で高校生以下の子どもがいない場合は、死亡一時金が12万から36万円支払われるか、60歳から65歳までの間に寡婦年金が支払われるだけになってしまいます。(★3)。

夫が自営業のご家庭では、夫が会社員のご家庭よりも多めに、死亡保障を確保しておく必要があります。具体的な金額としては、会社員のご家庭よりも1,000〜2,000万円程度、死亡保障額を増額しておくと安心です。



★2 遺族基礎年金の年金額(2013年度)
遺族基礎年金の年金額(2013年度)


★3 夫が自営業、子どもがいない妻がもらえるお金
夫が自営業、子どもがいない妻がもらえるお金

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.