家庭の財政学

なぜ生命保険が必要なの?

生命保険と公的保障

一家の大黒柱が亡くなった場合には、数千万円というレベルで遺族の生活資金が必要になります。貯蓄で十分な金額が準備されていればいいのですが、数千万円レベルの貯蓄を築くには時間もかかります。
これに対して保険なら、保障が開始していれば、たとえ1回しか保険料を納めていなくても2,000万円や3,000万円といった高額の保障を手にすることができます。高額の死亡保障であっても、掛け捨てタイプの保険を選択すれば、月々の負担は数千円程度で済みます。特に貯蓄の少ない若い世帯にとっては、保険以外の手段で、大黒柱の死亡リスクに備えるのは難しいでしょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.