家庭の財政学

起業する目的を明確に

独立を考えたら準備すること

独立して「一国一城の主になる」。これはいわば大きな夢を手に入れるようなものでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。起業を成功させるにはまず、起業する理由を明確にさせることが大切です。中途半端な気持ちでは、失敗してしまいます。サラリーマンが起業する理由は人それぞれでしょう。多くの人は若い頃からずっと追い続けてきた夢を叶えたい。ビジネスパーソンとして充分に経験を積んだので腕試しをしてみたいといった前向きな動機で起業すると思います。しかし、会社の倒産や、サラリーマン生活がどうしても合わないといった消極的な理由で起業する人もいるはずです。動機は人それぞれですが、起業する目的についてまずはじっくり考えてみましょう。

サラリーマン時代は複数名の部下を持つ部課長クラスで、大きなプロジェクトを任されていたとします。部下の使い方もうまく、いくつもの企画を立て成功させてきました。人脈も豊富で業績も社内でトップをいつも争っていたかもしれません。しかし、部下たちの人件費や、商品やサービスをお客さまに知ってもらうための広告宣伝費、交渉を円滑に進めるための接待交際費などあらゆるコストは、会社が賄っており、ビジネスが失敗するリスクも会社が責任を負っていました。

起業するということは、会社に関わる全てのコストやリスクを「経営者」として自分で負うことになります。起業に際しては「経営者」になる覚悟があるかどうか、もう一度自問してみてください。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.