家庭の財政学

面接の重要性

転職は計画的に

面接とは、求職者と雇用する会社が会い、話し、お互いに条件が満たすかどうかを判断する重要な過程です。特に「企業にいかに貢献できるか」「積極性はどうか」などが面接の重要なポイントとなります。面接に招かれたということは求人先企業が応募書類の何かに興味を抱いたものと考えられます。面接担当者は「業務遂行能力があるのか」「自社の社風にあっているか」「今いる社員とうまくやっていける人物か」などあらゆる点を探ろうとします。面接担当者にどれだけ好印象を与えられるかが採否の重要なカギとなります。

面接の企業側の目的は、企業に役立つ優秀な人材を採用するためにその職位に必要な条件を満たしているか、組織に適応できるか、人間性に問題がないかをチェックします。そして経験・知識・性格特性・主要な達成事項・給与などを確認します。

一方応募者側は企業に自分の能力・技能を売り込み、採用してもらうためにアピールします。また、目標とする仕事・ポジション・責任・会社のスタイル・上司の考え方・就業条件が合っているか否か、企業側と対等な立場で確認します。面接に呼ばれたということは経験や資格に対し、相手の会社が関心を持ったということであり、その会社についてより多くのことを学べる機会でもあります。一つの職が得られる段階に行くには、複数の会社との面接が必要であり、ほぼ同時に2社3社から内定を得て、その中から最終的に1社を選ぶというのが理想的です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.