家庭の財政学

期間短縮での繰上げ返済がトクに

住宅ローンの見直し

繰り上げ返済には二つの方法があります。まず一つは「期間短縮型」と呼ばれる方法です。もう一つの「返済額圧縮型」よりトクする利息が多くなるので、まずはこの方法を考えてみましょう。

★20にあるように、約103万円を繰り上げ返済すると、この103万円はすべて元金に充当され、返済期間を24回、2年短縮することができます。本来ならその24回の間に約277万円を返済することになりますが、それが約103万円ですむわけですから、差し引き約174万円の利息支払いをカットできるわけです。この効果は、繰り上げ実行時期が早いほど、またローン残高が多いほど、残りの返済期間が長いほど、金利が高いほど大きくなります。



★20 期間短縮形の繰上げ返済の仕組み
期間短縮形の繰上げ返済の仕組み


しかも、繰り上げ返済実行後は元金の減り方が早くなるというメリットもあります。将来は買い換えたい、また定年が近いなどの理由から早く元金を減らしておきたい人は、とにかく早め早めに繰り上げ返済を実行するようにしてください。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.