家庭の財政学

準備する頭金で購入可能額は変わる

住宅ローン計算法

この借入限度額に頭金として用意できている金額を加えると、あなたの購入限度額が出てきます。頭金を1,000万円用意できているのであれば、月額12万円までローン返済できる人だと借入可能額は前ページでみたように3,110万円ですから、4,110万円の物件まで手が届く計算になります。

ただ、先にも触れたように物件によっては頭金が2割以上ないと買えないケースもあるので、頭金が2割に達していないときには、ローン借入限度額まで利用できないことになります。

たとえば、ローンは3,110万円まで組んでも問題がない場合でも、頭金が500万円しかない人だと、頭金2割の原則からすれば、2500万円の物件が限度になります。どうしてもそれ以上の物件がほしいときには、購入価格の8割以上の融資が可能なローンを利用できる物件を探さざるを得ないわけです。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.