家庭の財政学

新築で購入価格の3%、中古なら10%が目安

マイホーム購入時の諸費用

マイホーム購入にあたっては、頭金のほかに各種の諸費用も準備しておかなければなりません。税金、ローン費用や引っ越し関係費用が主なものですが、新築住宅で購入価格の3%程度、中古住宅だと10%程度が目安になります。中古住宅は入居前に多少のリフォームが必要になることが多いこと、また仲介物件がほとんどであるため仲介手数料がかかることなどによって、どうしても諸費用の負担が重くなってしまいます。

仲介手数料は、宅地建物取引業法で「(売買価格の3%+6万円)×1.05(消費税)」が上限と定められています。3,000万円の物件であれば100.8万円ということです。もちろん、上限ですからそれ以下でもかまわないわけで、仲介会社との値引き交渉によって安くすることができるかもしれません。

ただ中古住宅でも、不動産会社が買い取っている物件で、その不動産会社が売主であれば、仲介手数料はかかりません。逆に、新築住宅でも一部には仲介手数料がかかる物件がある点に注意しておく必要があります。

特に販売戸数の少ない小規模な建売住宅などは、販売部門のない工務店などが仲介会社を通して販売していることが多いのです。念のために不動産広告などで「売主」となっているか、「仲介(媒介)」となっているかを確認しておきましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.