家庭の財政学

投資信託を使った分散投資

金融商品選択のポイント

少しでも増やしたくても、教育資金は、安全性が重視される資金です。投資信託は、分散投資でリスク対策をしているとはいえ、元本は保証されていません。価格が変動するため、必要な時期に、必要な額が確保できるとは限りません。あくまで、必要資金を確保したうえで、余裕資金を振り向けるものと理解してください。

国際結婚や仕事の都合で海外に一緒に行くことが多かったり、留学など海外で教育を受ける予定がある場合などは、外貨預金も金利や手数料、使い勝手によっては検討してみます。ただし、外貨預金は為替リスクもあり、預金保険制度の対象外です。

悪質商法の被害者の中には、大切な教育資金を投じてしまった人もいます。増やすより、確実に準備することを優先しましょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.