家庭の財政学

中学・高校選び

学校と進路選択

私立の中高一貫校が多い都市部では、中学受験をするかどうかが、一つの選択肢となっています。公立でも中高一貫校が開校されています。中高一貫校は、高校受験に追われることなく、6年間学ぶことができることや、教育方針やカリキュラムなど、特色のある学校から選べる良さがあります。ただ中学受験では、私立の学費負担や、受験準備のため、親が払う塾代だけでなく、子どもにも受験勉強の負担がかかることも考慮しなければなりません。

高校受験は、各都道府県で受験制度や高校の再編などが進められています。
私立と公立が競合する都市部では、入試制度を変更し、学区が撤廃されたり、入学試験でも独自の工夫を行われるようになりました。また各学校側も、生徒を確保するため、特色ある学校作りに力を入れています。

公立高校では、理数系や語学教育に力を入れる学校、単位制高校など、高校の「個性化」が進んでいます。また、公立中高一貫校も開校しました。

同じ偏差値であればどこの高校に入っても同じ、ということではなくなっています。中学受験・高校受験とも選択肢が増えた分、学校情報の収集を行い、子どもの将来の希望や適性に合わせて学校を選ぶことが重要になってきています。

まず中学校に入ったら、それぞれの自治体の入試制度を確認しておきましょう。志望校の決定も、学校や塾に任せきりにせず、学校説明会や文化祭などには、できるだけ子どもと一緒に足を運んで、必ず学校を自分たちの目で確認することが大切です。

情報収集は面倒なものですが、学校選びの過程で、子ども自身が自分の将来についてよく考えるようになったという保護者の声もあります。

進学後の学校生活が充実したものになるように、最後は子どもが納得して志望校を決めることが大切です。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.