家庭の財政学

家族をリスクから守る保障プランを立てよう

ライフプランからマネープランへ

マネープランを立てるのと並行して大切なことは、保障プランをきちんと立てて、必要な保障を確保することです。家計相談の中では、保険の見直しに関するニーズは高いものがありますが、保険の見直しニーズの多くは、保険料を減らしたいというものです。

とはいえ、保険の見直しは、より慎重に行う必要があります。それぞれの家庭のリスクは、家族構成や収入、家族の年齢などのさまざまな条件によって異なりますが、現在のように就業状況が不安定な時代は、イザご主人の代わりに働こうと思っても、奥さまの就業環境も悪いと考えるのが妥当でしょう。特に小さな子どものいる家庭では、ある程度の保障額を維持したほうが安全だと思います。

死亡保障を考える場合には、イザということが起こる確率のほうが低いので、保障額を減らしても何とかなると思いたくなるものです。でも保険料を減らす、つまり保障を減らしたあとで、万が一のことが起こった場合には、絶対に後悔するはずです。実際、死亡保障を減らしたあとに、家族に不幸があったケースでは、間違いなく死亡保障を減らしたことを後悔しています。そのため、家計が厳しくて保険料の負担を減らしたい場合には、保障額を減らすことよりも、保険の種類、あるいは加入する保険会社を変更することで安くする方法を検討することをお勧めします。

その一方で、死亡保障額は減らしても、医療保障額は増やしたいというニーズが増えています。でも実際には、死亡保障を貯蓄でまかなえる若い世帯はかなり少ない一方、医療保障を貯蓄でまかなえる世帯は多いという現実にも目を向ける必要があります。医療保障に関しては、高額療養費という制度があって、実際の負担額はかなり軽減されているからです。

ご主人が死亡した場合には、遺族年金がもらえますが、ご主人亡き後は、奥さま自身が社会保険料を負担しなければならなかったり、子どものために奥さまが生命保険に加入しなければならなくなります。ボーナスがなくなれば、ボーナスで払っていたものを、月々の収入の中からまかなわなければならなくなります。このように、遺族年金から出ていくお金もかなりあることを知っておく必要があります。

実際には、ご主人亡き後、奥さまがパートをしても、教育資金の負担はかなり厳しいものですし、日々の生活に追われていると、奥さま自身の老後資金がほとんど準備できないことにつながってしまいます。イザというときに困らないように、保障プランを立て、十分な保障を確保しておくことも、雇用が不安定な時代には大切なことだといえるでしょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.